真面目でスポーツ万能の大淵裕昭さん

大淵裕昭さんは1990年4月3日生れの福岡県出身の日本の俳優です。血液型はO型で、身長は178cm、仕事に対しては自他とも研究熱心だといわれているイケメン俳優さんです。
大淵裕昭さんは、2013年にデビューされました。当時、この方は23歳、最近の芸能界では、デビュー年齢は低年齢化しています。そのため、23歳でデビューしたというのは遅い方ですね。

大淵裕昭のデビュー後初めてのドラマの仕事が、ある病院を舞台にしたドラマだったということでした。当時、話題になったシリーズドラマの4番目で、この方は研修医の役で出演されました。
そのドラマは日本の医療を題材にした青年漫画を原作にしたテレビドラマシリーズでした。
2006年から制作されて放送がスタートしています。その後は2007年、2010年、2014年にそれぞれ続編が連続ドラマとしてつくられました。この俳優さんは2014年に放送された第4シリーズに登場されしました。

この俳優さんは、先輩の出演映画や舞台などももちろんのこと、ご自分でも映画やDVDをレンタルして勉強されている熱心なタレントさんです。その後にあるアイドルが出演したと話題になった2013年の映画にこの方は出演されました。
その映画は、ある恋人たちのストーリーで、彼女が亡くなる前の100日と亡くした後の100日がスケッチされるように描かれた作品でした。
濁流のような運命や時間に流されながらも、なんとか踏みとどまろうとする2人と、大事な人を失った主人公を通して普遍的な恋や感情がよりリアルかつ丹念に描かれた作品でした。

大淵裕昭さんは俳優業に対して真面目に取り組む性格の方だという評判もあり、デビュー間もない3年後の今年は、ある子ども向けヒーローもののドラマにも出演され、ママファンも増えています。
デビュー後は、人気作品への出演も多く、23歳でデビューされたこの俳優さんは遅咲きの俳優だといわれますが、今後様々な舞台や映画などの出演を通して、芸歴を重ねて行かれるのでしょう。

この俳優さんは、デビュー後もご自身のフィジカル面の管理も徹底して行われており、スポーツも万能な方だということです。特にジムで体を鍛えられているというのは多くの人の知るところで、
デビュー当時からずっと体型管理にしっかりと取り組まれてこられているそうです。
これからも様々な役柄にチャレンジされるという想いをもっておられ、応援してくれるファンも大切にされ、そのことがファンからも評価が高い、評判のいい俳優さんです。