大淵裕昭のプロフィールを調査!気になる年齢や出身地は?

舞台を中心に活躍されている大淵裕昭さんは、すらっとした高身長に小顔、涼しげな目元が印象的なイケメン俳優さんとして注目を集めています。

気になる大淵裕昭さんの出身地はたくさんの有名芸能人を輩出した福岡県です。
地元福岡でスカウトされたことがきっかけで東京でオーディションを受け見事に合格し、以降は上京してレッスンに通う生活が始まりました。
当時は、住む家も決めずに上京したので、友人の家からレッスンに通われていました。

上京する前は、通っていた大学を家庭の事情で辞めざるを得なくなり、大学を中退した後は、定職に就かずアルバイトを転々とし、華やかな大学生活、就職して家庭を持つ、という姿を想像していたのが、家庭の事情でそれが叶わなくなってしまったことで荒れていた時期もありました。
そのような生活を送っていたので、生きるために芸能界で頑張ってみようと思い、上京したのだそうです。

芸能界デビューが23歳と周りの人に比べると少し遅いというハンデがあったため、とにかく必死でレッスン、オーデションを受けていた結果、ミュージカルデビューを飾り、以降はバラエティ番組で注目を集め、数々の舞台やドラマなどで活躍するのようになり、現在に至ります。
大きな舞台で演じることも多く、ミュージカルに欠かすことができない俳優の1人に成長されました。
将来を描くことができず、つらい時期もあったようですが、歌うことは昔から好きだったと言われているだけに天職に巡り会えたのかもしれませんね。

大淵裕昭さんは1985年12月1日生まれで現在31歳です。
爽やかなイメージが強いので、まだ20代だと思っている方も少なくはないのではないでしょうか。
30代という年齢ならばもしかして結婚しているのでは、と心配に思う女性ファンもいるようですが、大淵裕昭さんは現在独身です。
年齢的に既婚ではないかという情報が流れたこともありましたが、まだ独身で間違いはないようです。
まだまだ仕事が面白く、結婚どころではないと言ったところではないのでしょうか。

ちなみに、女の子に会うとまず、目、服、髪の毛を見て、彼女ができたらやってほしいと思っていることは料理なのだそうです。
大淵裕昭さんの趣味、特技は、テニス、日曜大工、料理、温泉、カメラと幅広く、いろいろなことに興味があるようです。
30代を迎えて爽やかさに加えて男の色気が増してきた大淵裕昭基基さん、これからさまざまな分野での活躍が期待できる俳優さんです。