大淵裕昭さんのデビュー当時の様子

大淵裕昭さんは1989年9月2日生れの東京都出身の日本の俳優です。身長167cmで、ある劇団の劇団員でもあります。
大淵裕昭さんは、2009年に舞台デビューされました。ある高校を舞台としたミステリー仕立てコメディーで、当時の舞台公演の案内などに大淵裕昭さんの名前が最初に掲載されていました。
ある新進気鋭のドラマ脚本家が連ドラの次回作に‘学園ミステリー’を手掛けることになりました。自身の高校時代をモデルに、ドラマの脚本執筆を開始しました。

しかし、偏差値がそれほど高くない高校出身の作者の紡ぎ出すエピソードは、本格推理的な完成度を求めるテレビ局の方針と対立していってしまいます。
ついに脚本家はプロデューサーと対立して、オンエア作品にも影響しはじめ、最初の予定を逸脱していくという中で、連続ドラマの作品は無事完成するのでしょうか。
謎が謎を読んでストーリーが展開するというミステリー風コメディーに大淵裕昭さんは出演されました。高校の制服がとても似合う当時の大淵裕昭さんです。

この作品はこの俳優さんがデビュー間もないうちに出演された作品で、その後、この俳優さんはテレビやドラマなどにも登場していかれるようになります。
その2年後にはゆうちょ銀行のCMやヤクルトのCMにもご出演され、コンスタントに芸歴を重ねておられます。

この方が初めてテレビドラマに出演されたのは2010年に放送されたある人気漫画作品をドラマ化した作品でした。第9話と第10話に出演されておられます。
ある高校1年の主人公はヤンキーでした。そして、同じクラスの学級委員も元ヤンキーでした。ヤンキーであったことを隠して学級委員として生活していましたが、
ある日不良たちに囲まれた時、元ヤンキーだったことが主人公に知られてしまいます。その後、引きこもりの少年と出会って、協力して立ち直らせます。

そして、2人のはじめての友人となりました。
そして、進級後、他の2人の生徒たちと5人で生徒会役員として学校や生徒が抱えている問題にぶつかっていくという希望のもてるストーリーです。

この俳優さんの性格は、割と穏やかな感じの性格で、イケメンですが、イケメンですねと言われたら、そんなことないですよという感じの方だそうで、
割と当時のドラマの雰囲気にも合っていたのではないでしょうか。

この俳優さんはイケメン俳優さんとして今後も順調に芸歴などを重ねて行かれて、舞台や映画などに出演されて行かれるのでしょうね。