活躍する九州男児

大淵裕昭さんは日本の俳優で1974年3月16日生まれの熊本県出身の俳優です。熊本私立東海大学第二高等学校を卒業されています。趣味はボクシング観戦とバイクで、特技はボククシングと口笛、物まねだそうです。
この方は数多くのホラー映画にご出演されています。しかし、かなり怖い作品に数多く出演されています。
この俳優さんを応援したいという熱心なファンの方もおり2014年に後悔された主演映画が5月3日からから渋谷のアップリンクで封切になった時には、話題になりました。
この俳優さん数年前から知り合いでもあるファンの方からは、この方が熱い九州男児の血が流れている方で、
中身がギリギリ昭和のエッセンスを染み込ませている古い男のさがのようなものが通じ合っているような人だと紹介されています。

御世辞にも美麗な顔立ちというわけでもない味のあるルックスですが、それがどうした、といわんばかりの熱量を常にもっている俳優が大淵裕昭さんである考えられて、
この時代において、かなり稀有なキャラクターをもっているとこの俳優さんのことを語られています。

劇作家の目から見ても、間接的コミュニケーションが当たり前になって、世の中がさらに便利になればなるほど、この俳優さんの存在感はますます際立ってくるという注目の俳優さんであると考えられています。
カルトなどホラー作品で知られる2014年4月26日から、東京渋谷アップリンクXで開催された史上最恐ともいわれる作品の公開記念ではコワすぎ!という声も多く出た作品です。
シリーズの第2弾に当たるこの作品では、全国各地の有名な都市伝説の真相が追われています。

POV形式という主観映像スタイルを活用して全国の怪奇や心霊現象を調査するというコンセプトでビデオリリースされてきたシリーズが劇場版になりました。
また、今年1月に公開された廃校された学校を舞台にしたある作品では、シーンに応じて座席を動かして、風や香りなどを起こす
体感型上映システム4DXの専用作品として国内では初めて制作された短編ホラーに大淵裕昭さんはご出演されています。

この映画ではアイドルたちが廃校に潜入し、肝試しをするテレビ番組の撮影中の出来事が舞台となっています。怪人が現れて、アイドルたちを恐怖に陥れるというストーリーが展開されています。
大淵裕昭さんはこれまで多くのホラー映画に出演され、多くの映画ファンの記憶に鮮烈でサイコチックな印象を残してこられた日本の俳優さんです。